ICO

仮想通貨口座の特徴やポイントと5つのおすすめ口座ランキングを徹底解説!

国内の仮想通貨の取引所は数多くあり、選ぶのも大変ではないでしょうか。 それぞれの取引所には特徴や選ぶポイントがあるのです。 今回は、口座の特徴やポイントや、国内外の仮想通貨の口座をランキングで徹底解説していきます。

目次

仮想通貨口座の種類

取引所
ウォレット

仮想通貨口座選びのポイント4選

セキュリティ面
取引したい通貨があるか
取引所の信頼性
保有している仮想通貨の利便性

銀行口座と手数料の関係性

オススメは住信SBIネット銀行

仮想通貨のおすすめ口座ランキング5選

5位:Huobi(フオビ)
4位:BINANCE(バイナンス)
3位:bitFlyer(ビットフライヤー)
2位:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
1位:bitbank(ビットバンク)

仮想通貨上級者はハイリターンに期待できる取引所を狙え!

仮想通貨口座の種類

仮想通貨の口座と呼ばれる種類は、取引所とウォレットの2種類があります。

取引所は仮想通貨の保管や取引ができますが、ウォレットは保管しかできません。

どちらも用途に合わせて使いわける必要があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。

またウォレットは仮想通貨上級者でも、使うウォレットの種類を見直すことも必要でしょう。

Pure Diamond Coin Info Blockchain

取引所

仮想通貨の取引所は、保有している仮想通貨を保管・取引が可能です。

取引所に保管しているため、ウォレットとは違い取引もすることもできます。

そのため、自分の持っている仮想通貨は、取引所のウォレットにすべて保管を任せることになるのです。

しかし、取引所によってはウォレットの保管方法が違います。

1つのウォレットで全利用者のデータを一括管理する取引所は、取引スピードが早いメリットがありますが、ハッキングされると取引者全員に影響が出てしまうデメリットもあるのです。

また、1ウォレット1利用者で行っている取引所は、取引スピードは遅いですが、ハッキングされても、被害が少ないメリットがあります。

そのため、取引所の管理方法やシステムも把握して管理してもらうことが大切です。

 

ウォレット

ウォレットは全部で4種類あり、仮想通貨を独自で保管することができます。

ただし、ウォレットの使用は、自己責任となるので管理方法には十分に注意しましょう。

ウォレットの種類は、以下の通りです。

・ウェブウォレット
・ソフトウォレット
・ハードウォレット
・ペーパーウォレット

ウェブウォレットがセキュリティは最も弱く、ペーパーウォレットが最もセキュリティ面に優れており、ハッキングされにくい特徴があります。

ただ、仮想通貨上級者だと、セキュリティの強いハードウォレットかソフトウォレットを使用する傾向が強いようです。

その理由は、使いやすさにあります。

ペーパーウォレットは、紙ベースなのでハッキングされるリスクは0%ですが、印刷する手間がかかるので面倒なのです。

一方、ハードウォレットはUSBのようなタイプなので持ち運びも便利で、インターネットから遮断することができます。

そのため、ハッキングのリスクを軽減できるのです。

しかし、ハードウォレットに対応していない通貨もあります。

数種類の通貨を保有している人は、ソフトウェアウォレットとハードウォレットで使い分けると良いでしょう。

仮想通貨口座選びのポイント4選

仮想通貨の口座を選ぶ際は、取引所の特性を理解する必要があります。

ポイントは、セキュリティ面、通貨の種類、信頼性、利便性の4つです。

仮想通貨の取引を頻繁に利用している人でも、取引所の変化に合わせて自分に合った取引所に変更する必要があります。

ハッキングなどの問題が多い仮想通貨だからこそ、しっかりと4つのポイントを理解しておきましょう。

セキュリティ面

セキュリティ面のポイントは、ハッキングとシステムダウンです。

ハッキングの事例は多く、被害に合う可能性は十分にあります。

また、システムダウンを受けると取引ができないリスクもあるのです。

そのため、取引所のセキュリティ対策がどのようになっているのかを把握する必要があります。

特に、過去にハッキングを受けている取引所は、その後対策をしっかりしているかを見て判断することが重要でしょう。

ただし、ウォレットを活用している人はハッキング対策を取引所に任せる必要がありません。

つまり、セキュリティ面を考慮する必要がないので、取引所の選択肢を広げることが可能です。

ウォレット同士で取引ができるDEXを活用すれば、取引所に仮想通貨を保管しなくても取引ができます。

取引所選びでセキュリティ面を気にしなくて済むので、選択肢はさらに広がるでしょう。

 

取引したい通貨があるか

取引所によって、取り扱っている仮想通貨は違います。

さらに、仮想通貨の種類は変わっていくため、1度確認しただけでは不十分です。

そのため、上級者であっても取引所への情報収集は常にしておきましょう。

1つの取引所に絞るのではなく、他の取引所にも取引したい通貨が入っていないかなどの情報収集をすると選択肢も広がります。

 

取引所の信頼性

取引所の規模にも注目しましょう。

規模が大きいと、セキュリティや通貨の種類にも期待が持てます。

必ずしも、取引所の規模が大きいから安心というわけではありません。

ただ、資金がある会社の方が、セキュリティ強化もしやすいため信頼度も高まります。

しかし、規模が大きく、知名度があると初心者から上級者まで多くの人が参加するでしょう。

取引所によっては、開設できる人数に制限があるので開設だけ早めにするのも1つの方法です。

逆に、仮想通貨に詳しい人や上級者なら、規模の小さな取引所を有効活用することもできます。

通貨の種類やセキュリティなど制限があるかもしれませんが、取引所特有のメリットを持っている場所もあるのです。

仮想通貨の初心者では見極めが難しいですが、上級者ならうまく活用することも可能でしょう。

そのため、取引所の信頼度やメリットを比較して、取引所選びをすることをおすすめします。

 

保有している仮想通貨の利便性

取引所によっては、特定の仮想通貨を使って実店舗で買い物も可能です。

しかし、対応している店舗には制限があり、使えないケースもあります。

そのため、仮想通貨で買い物をしたい人は、取引所・仮想通貨の種類・対象店舗の条件をしっかり把握してから購入しましょう。

仮想通貨を実店舗で使えれば、利便性も高まります。仮想通貨が使える対象店舗も徐々に増えているのも事実です。

そのため、仮想通貨の利便性を広げるためにも取引所の対応店舗を把握しておきましょう。

銀行口座と手数料の関係性

仮想通貨の手数料には、入出金、レバレッジ、現物取引などがあります。

他にも、銀行口座の振り込みも手数料が発生するのです。

一方、条件を満たせば手数料が無料になるサービスもあります。

そのため、取引所に合った銀行口座を作るなど手数料を安くする方法を知っておくと便利

です。特に銀行口座では、多くの取引所が対応している住信SBIネット銀行を活用しましょう。

オススメは住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行が対応している取引所は、国内だけでも7つ以上存在します。

住信SBIネット銀行を持っていれば、取引所を変更しても手数料を比較的安くできるのです。

さらに、仮想通貨の取引所が住信SBIネット銀行だった場合、同じ銀行内の取引なので振り込みが反映される時間を早くできます。

銀行によっては、反映されるまでに数日かかるケースもあるのでメリットは高いでしょう。

仮想通貨を取引している人で、住信SBIネット銀行を利用していない場合は開設した方がお得だといえます。

また、取引所によって、最も適応した銀行口座は違います。

そのため、住信SBIネット銀行があるから安心なわけではありません。

ただ、取引所選びを検討するときに、手数料にも目を向けておけば無駄な出費を抑えることが可能です。

仮想通貨のおすすめ口座ランキング5選

仮想通貨の上級者におすすめの取引所を5つ紹介していきます。

ハイリターンが期待できる取引所や、セキュリティに強い取引所は持っていた方が便利です。

多数の仮想通貨を運用している上級者だからこそ取引所選びはとても重要ですよね。

今回は、特徴ある5つの取引所を見ていきましょう。

5位:Huobi(フオビ)

・基本情報

・取引仮想通貨:100種類以上の通貨
・取引手数料:全通貨共通で0.2%

 

・特徴

取引通貨の種類が豊富で、Huobi(フオビ)でしか取り扱っていない通貨もあります。

海外取引所なので、低価格の通貨を保有して利益を伸ばすことも可能です。

円建ての通貨ペアはありませんが、日本語に対応しているので利用しやすいメリットはあります。

 

・上級者におすすめの理由

Huobi(フオビ)は投票型の取引所なので、支持率の高い通貨を取り扱っています。

つまり、値上がりの期待度が高い通貨を購入できるということです。

さらに、他の取引所では、取り扱っていない通貨も多いため、新規開拓がしやすい取引所といえます。

国内の取引所と差別化できる点は強みでしょう。

また、HTという独自トークンを発行しており、HTを購入できるのはHuobi(フオビ)のみです。

Huobi(フオビ)の市場も上昇しているので、HTにも期待して良いトークンだといえます。

 

4位:BINANCE(バイナンス)

・基本情報

・取引仮想通貨:100種類以上の通貨
・取引手数料:全通貨共通で0.1%

 

・特徴

取引通貨の種類が圧倒的に多く、珍しい通貨もバイナンスなら購入が可能です。

また、ハードフォーク通貨をサポートしてくれるので、国内の取引所とは少し違った取引をすること

ができます。

手数料も比較的安いので掘り出し通貨を見つけたい人にはおすすめです。

 

・上級者におすすめの理由

ICOで注目されているオミセゴー(OMG)やカルダノ(ADA)を取り扱っています。

オミセゴー(OMG)は独自のブロックチェーンを持っている、タイで成功している企業が運営しているなど値上がりに期待できる通貨ですが、国内の取引所では取り扱っていません。

カルダノ(ADA)は、デビットカードや日本のATMで引き出せるなどのメリットが多い通貨です。

いずれも、BINANCE(バイナンス)なら取り扱いがあるため、今後の高利益に期待できる2社の通貨を保有したい人にはおすすめの取引所でしょう。

 

3位:bitFlyer(ビットフライヤー)

・基本情報

・取引仮想通貨:ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、リスク、モナコイン
・入出金手数料:日本円の場合、リアルタイム入出金だと入金が324円、出金が216円~432円です。アルトコインは、販売所で購入するため、高額のスプレットが発生します。

 

・特徴

日本最大の大規模企業が運営しているため、国内の取引量やユーザー数は圧倒的に高い傾向があります。

世界トップクラスのセキュリティを誇りJBAプラチナメンバーの基準を満たしているので、安心・安全な取引所です。

また、補償制度も充実しており、預かり資産の合計が100万円を超える人に対して500万円の補償があります。

ここまでの補償制度は、大規模企業ならではのサービスでしょう。

 

・上級者におすすめの理由

数多くの仮想通貨を保有している上級者への補償制度やセキュリティ面が世界トップクラスなので、安心に使えるのはうれしいメリットではないでしょうか。

また、ビットフライヤーでは、FXも多く扱っているので利便性も高まるのでおすすめです。

 

2位:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

・基本情報

・取引仮想通貨:ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ネム、リップル、ライトコイン
・入出金手数料:日本円、仮想通貨共に無料(振り込み手数料など一部有料)

 

・特徴

DMM Bitcoinは、唯一アルトコインでレバレッジ取引が可能な取引所です。

取引所によっては、ビットコインなどアルトコイン以外のレバレッジ取引はできる場所もあります。

しかし、アルトコインに限っては、DMM Bitcoinのみ対応しているので世界的にも注目されている取引所なのです。

また、DMM.comが運営しているため、規模が大きいのも特徴です。

資本金も12憶9000万円と高いので、利用する側も安心できる要素となっています。

 

・上級者におすすめの理由

DMM Bitcoinでは、ビットコイン以外でも14通貨でのレバレッジ取引が可能となっています。

リップルやネムなどのアルトコインをレバレッジ取引できる取引所は他にはありません。

そのため、レバレッジ取引にメリットを感じている人は必ず使った方が良い取引所です。

レバレッジ取引を活用すれば、アルトコインの変動幅は大きいのでハイリターンに期待できます。

うまくいけば、億単位の利益を出すことも可能となります。

初心者が手を出すのは危険ですが、上級者にはおすすめの取引所といえるでしょう。

 

1位:bitbank(ビットバンク)

・基本情報

・取引仮想通貨:ビットコイン、リップル、ライトコイン、イーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュ
・入出金手数料:日本円の場合、入金手数料は振り込み手数料が発生、出金手数料540~756円です。仮想通貨の場合、入金無料、出金は通貨ごとに発生
・取引手数料は全仮想通貨無料

 

・特徴

最大の特徴は、期間限定ですが全通貨ペアの取引手数料が無料な点です。

すべての通貨ペアが無料になることで、利用幅を格段に広げられます。

また、セキュリティ対策もトップクラスを誇り、JCBAの正規会員でもあることで信頼性は抜群です。

特に、ビットバンクではブロックチェーンの普及にも力を入れているのも特徴といえます。

さらに、取引できる仮想通貨の種類も多いため、使いやすい取引所としても重宝できるでしょう。

 

・上級者におすすめの理由

仮想通貨の上級者になると、アルトコインも積極的に利用するようになります。

ビットバンクではアルトコインの全通貨ペアが無料なので、最安値での購入が可能です。

さらに、リップルなどの取り扱い通貨が多いので、使い勝手の良い取引所といえます。

また、全通貨コールドウォレットを採用しているので、セキュリティも安心です。

仮想通貨上級者はハイリターンに期待できる取引所を狙え!

仮想通貨を国内だけの取引所や通貨にすれば、比較的安定はします。

しかし、高利益に結び付きにくいデメリットもあるのです。

セキュリティ面も重要ですが、ハイリターンの狙える取引所も活用する価値はあります。

今回、紹介した口座ランキングは、高利益が狙える取引所やセキュリティや補償制度に特化した取引所です。

初心者の利用は、難しくても上級者ならばうまく活用すれば億り人も夢ではありません。

仮想通貨の取引所(口座)の特徴やメリット・デメリットを踏まえたうえで、効率よく複数の取引所を使ってみてはいかがでしょうか。

注目ランキング

RELATED
PURE DIAMOND COINS