ICO

実際どうなの?仮想通貨のメリットとデメリットから将来性を見通す

仮想通貨は未来の投資商品として注目を集めています。 しかし、安易に手を出すことは危険です。 もしこれから仮想通貨を利用しようとしているなら、まず仮想通貨に関する情報を収集してから購入を検討するべきです。 そこで、今回は仮想通貨のメリットとデメリットを解説し、その将来性について見通してみることにします。

目次

そもそも仮想通貨って何?

国の管轄下にないお金
世界中で使用できる

物が買えるだけじゃない!?仮想通貨の使い道

送金に使える仮想通貨
投資商品として利用できる

制限が少ない!自由に取引できる仮想通貨

国境なく使える通貨の利点
いつでも取引することができる

リスクヘッジにもなる!仮想通貨で分散投資

ハイパーインフレに備えて
発行量が決まっている仮想通貨

セキュリティも万全!投資商品としての魅力

少額から取引可能な仮想通貨
安全な取引が可能

損失も大きい?自己管理が肝心!仮想通貨のデメリット

仮想通貨の投機的側面
国家による担保がない
不正利用されないように注意
仮想通貨を取引所に保管する危険性

まずは取引してみよう!仮想通貨で利益を出すためには

まずは売買してみる
こまめに情報収集を
どんどん浸透していく!未来を見据えて仮想通貨を保有しよう

そもそも仮想通貨って何?

仮想通貨とは、インターネット上で発行される通貨のことを指します。

仮想通貨といわれる通り、実際に硬貨や紙幣があるわけではなく、インターネットという仮想空間を通して用いられるお金です。

電子マネーやポイントなどとも性質が異なり、今までになかったまったく新しいタイプの通貨といえます。

Pure Diamond Coin Info Innovation

国の管轄下にないお金

一般的な通貨は、それぞれの国家によって発行されます。

通貨を発行する量や通貨の価値も、国家の金融政策によってコントロールされるのが通常です。

そして、「円」や「ドル」など、ひとつの国で使えるのはひとつの通貨だけとなります。

これに対して、仮装通貨は国が発行する通貨ではありません。

通貨を発行する管理者がいないため、国家や企業によって通貨の価値を操作されることなく取引されます。

 

世界中で使用できる

仮想通貨は世界中で使うことのできる通貨です。

インターネットを通して物を買うこともできますし、飲食店や美容院などで仮想通貨を使用できるお店もあります。

しかも、仮装通貨は万国共通の通貨であるため、海外に行っても換金することなく使用することができます。

国家という管理者がいないため、国という概念を超えて自由に使うことが可能です。

物が買えるだけじゃない!?仮想通貨の使い道

仮想通貨を持っていれば、ネット上や海外でも自由に買い物ができるようになります。

しかし、仮想通貨の使い道は商品を購入することだけではありません。

ほかにもさまざまな使い方があり、工夫次第でお得に使うことも十分に可能です。

送金に使える仮想通貨

お金を誰かに送金するときは、通常なら銀行やATMなどを利用して行うものです。

しかし、銀行やATMを使って送金すると、仲介手数料が発生したり、実際にお金が相手に届くまで時間がかかったりします。

仮想通貨は個人間の送金を自由にすることが可能です。

しかも、ほぼリアルタイムで送金することができ、送金と受け取りの間にタイムラグがほとんど発生しません。

銀行という第三者を介さずにやり取りができるため、海外への送金であっても手数料を安く抑えることができます。

 

投資商品として利用できる

仮想通貨は、一般的なお金の代わりとして使えるわけではなく、投資商品として利用することも可能です。

仮想通貨を使用できる店舗はまだまだ少ないため、仮想通貨を保有する際は投資商品としてという人が多いという実情もあります。

未来の通貨として注目されていることもあり、投資商品としての仮想通貨の価値はどんどん上がっています。

投資商品として保有しつつ、欲しい物の購入や個人間の送金もできるので、臨機応変にさまざまな使い方を模索することができるでしょう。

制限が少ない!自由に取引できる仮想通貨

制限が少ない仮想通貨は、自分の好きなときに自由に取引することができます。

わずらわしい手続きなどの手間もなく、使うときに手数料などの余計な出費が発生しない点もメリットです。

国境なく使える通貨の利点

海外で物を購入するためには、まず現地の通貨を手に入れなければなりません。

しかし、そのためには自国と現地との為替レートが問題になります。

そのときの状況によっては割高での両替となってしまうこともあり、為替レートが良くないため

に海外旅行を控えるという人も少なくありません。

また、両替に際しては手数料も発生するため、純粋に海外での買い物が楽しめないということも

あります。

国境なく使える仮想通貨は、為替レートの影響を受けることがなく、しかも両替のための手数料

もかかりません。

為替の差額を気にしないで買い物できるため、海外旅行する際の仮想通貨のメリットはとても

大きいといえるでしょう。

 

いつでも取引することができる

株式や不動産などの投資には、時間的な制限がつきまといます。

取引は基本的に日中に行われるため、夜間のトレードなどはできないのが通常です。

仕事をしながら投資している場合、日中は時間がなくて取引できないこともあるでしょう。

一方、仮想通貨は365日24時間いつでも取引することが可能です。

土日や祝日でも取引ができ、仕事と投資を両立させることも難しくありません。

いつでも取引できる投資商品は仮想通貨の他にはほとんどなく、投資に時間を割いている暇がない人におすすめの投資商品だといえます。

リスクヘッジにもなる!仮想通貨で分散投資

投資に手を出す場合は、相応のリスクを覚悟しておかなければなりません。

自分の資産を守ることも考えておかなければならず、あらかじめリスクヘッジをしておくことが大切です。

投資商品としての仮想通貨は、リスクに備えるための分散投資にもなります。

ハイパーインフレに備えて

一般的な通貨は、国家が発行量を調節しています。

しかし、もし国家がその調節を誤ったら、無限に発行することもできてしまうのが通貨の恐ろしいところです。

無限に発行できるということは、ハイパーインフレに陥る可能性も秘めているということです。

実際、国家が通貨を発行しすぎて、ハイパーインフレに陥ってしまった国もあります。

また、国家が発行量の調節を正しく行っていたとしても、国債が膨れ上がってデフォルトにでも

なってしまえば、ただちにハイパーインフレにならないともいい切れません。

だからこそ、もしものときのための備えをしておくことが大切なのです。

 

発行量が決まっている仮想通貨

仮想通貨は、通常の通貨と違って発行量に上限が定められています。

そのため、無限に発行できる通常の通貨とは違って、ハイパーインフレに陥る可能性もほとんどないといえます。

この点、仮想通貨は金と似ているともいわれます。金も埋蔵量に限りがあるため、無限に流通させることはできません。

だからこそ、金は安定資産として見なされているのです。

発行量に上限がある仮想通貨は、金と同じように安全な資産と見なすこともできます。

資産をひとつの投資商品に集中させず、分散させておくことは資産を守るために重要です。

ハイパーインフレに陥る恐れがほぼない仮想通貨は、分散投資をする際も利用価値の高い投資商品だといえるでしょう。

セキュリティも万全!投資商品としての魅力

これから投資をしたいと考えていても、元手が足らずにできないという人も少なくありません。

また、投資金額が大きいほど損失のリスクも高まることになります。

初めての投資の場合、やはり元手が少なく、かつリスクの少ない方法を選びたいところです。

少額から取引可能な仮想通貨

仮想通貨は、極めて少額から取引することが可能です。

元手がなくても無理なく投資を始めることができ、初心者向けの投資商品だといえます。

もちろん、元手が潤沢にあるなら、大胆に投資をしてみるのもひとつの手です。

仮想通貨なら、それぞれのスタイルに応じた柔軟な投資ができ、初心者でも経験者でも状況に合わせた取引を模索することができます 

安全な取引が可能

たとえば、ネット上でクレジットカードを利用する場合、カード番号や個人情報を入力しなければなりません。

しかし、こうした情報を入力したことで、個人情報が外部に漏れて不正利用されてしまうことがあります。

一方、仮想通貨はクレジットカードに比べてセキュリティが厳重です。

代表的な仮想通貨であるビットコインの場合、取引の際に個人情報を入力する必要はありません。

「公開鍵」と「秘密鍵」という暗号が用いられ、取引する際は必ず自分だけしか知らない秘密鍵を署名しなければいけないようになっています。

こうした厳重なセキュリティが設定されているため、仮想通貨はより安全に取引できる環境が整えられているのです。

損失も大きい?自己管理が肝心!仮想通貨のデメリット

仮想通貨の流通は、まだまだ始まったばかりで発展途上です。

したがって、さまざまなメリットがある一方、問題点やデメリットも少なくありません。

仮想通貨をこれから保有しようと考えている人は、損失を被らないためにもしっかり理解しておくことが大切です。

仮想通貨の投機的側面

仮想通貨は価格の変動が激しい投資商品です。そのため、ハイリスクハイリターンな投機的側面があります。

価格が安定していないということは、暴落や暴騰をする可能性も高いということを意味します。

購入した後に価格が暴騰すれば多くの利益を確保できる一方、もし暴落すれば大きな損失を被ることにもなりかねません。

少額からも始めることができるため、投資初心者は少ない金額から始めるなど、大きな損をしないような対策も必要になります。

 

国家による担保がない

仮想通貨には、国家のような管理者は存在しません。

それは仮想通貨のメリットでもありますが、実はデメリットにもなり得ます。

管理者がいないということは、資産を保証してくれる人が誰もいないということをも意味します。

たとえば、財布を盗難されたり、クレジットカードを不正利用されたりした場合は、被害にあった資産を国家が保証してくれるでしょう。

しかし、管理者のいない仮想通貨は、国家の保証を受けることができません。

資産管理はすべて自己責任ということになるため、仮想通貨の価値がある日突然なくなってしまっても、個人ではそれをどうすることもできないのです。

 

「自己管理が肝心!仮想通貨にはこんなデメリットも」

仮想通貨を失っても、何らかの保証を受けることはできません。

それだけに、自己管理をしっかり行っておくことが大切です。

仮想通貨はクレジットカードとも違うため、現金やカードとの違いを理解しておくことも欠かせません。

不正利用されないように注意

仮想通貨は、一度決済が終わってしまうと、払い戻しをすることが基本できません。

クレジットカードであれば、商品の購入が完了していたとしても、不正利用が発覚した場合などは後から購入を取り消すことが可能です。これをチャージバックといいます。

チャージバックをすれば、支払ってしまった代金を取り戻すことができ、不正利用の場合に限らず商品の

返却をしたい場合にも対応してくれることがあります。

しかし、仮想通貨にはチャージバックの制度がありません。

もし後で不正利用が発覚したとしても、代金の払い戻しなどできないので注意が必要です。

そのため、不正利用されないようにしっかり自己管理しておくことを心がけましょう。

 

仮想通貨を取引所に保管する危険性

仮想通貨の取引所がハッキングされたり、また経営破綻したりした場合、自分の仮想通貨がすべて失われてしまうことがあります。

インターネット上でやり取りされる仮想通貨は、ハッキングよって攻撃を受けるという危険性があります。

もちろん、取引所はハッキングされないよう、セキュリティを厳重にしていますが、もしハッキングされてしまった場合は仮想通貨を丸ごと奪われることも考えなければなりません。

また、取引所が経営破綻した場合も、預けていた仮想通貨はなくなってしまうでしょう。

この場合も、やはり自己管理が大切となります。

仮想通貨を保有する際は、複数の取引所を利用したり、取引所に預けずに自分で保管したりするなどの対策が必要です。

損失も大きい?自己管理が肝心!仮想通貨のデメリット

仮想通貨は新しい投資商品ではありますが、稼ぎ方や儲け方は従来の投資とそこまで大きく変わりません。

すなわち、安い値段で購入して価格が上昇してきたら売却し、その差額で儲けるということです。

ただ、効率よく利益を出すためには、それなりのコツや工夫も必要になります。

まずは売買してみる

仮想通貨の初心者は、とにかくまず売買してみることが先決です。従来の投資とやり方は変わりませんが、値動きなどは実際に触れてみないと感覚がつかめないものでもあります。

もちろん、値動きに関する情報は、別に仮想通貨を買わなくてもチャートを見れば把握できます。

しかし、仮想通貨を持っていない状態だと、値動きによって損も得もしないので、どうしてもチャートの確認などおろそかになってしまいます。

まずは仮想通貨を保有して、実際に取引してみることが利益を出すための一番のコツです。

仮想通貨は少額でも購入できるので、取引に慣れるためにも購入してみましょう。

 

こまめに情報収集を

仮想通貨の世界では、いろいろなことが目まぐるしく起こります。

ある仮想通貨の価格が急騰したり、逆に暴落したりといったことが絶えず世界のどこかで起こっているのです。

それだけに、こまめに情報収集することは利益を出すために欠かせない習慣になります。

特に仮想通貨が暴落したという情報はいち早く手に入れたいところです。

仮想通貨は基本的に価値がずっと上がり続けています。

価値が暴落したときは、少ない資金で大きな利益を出すチャンスなので、熱心に情報収集をしてチャンスを逃さないようにすることが大切です。

 

どんどん浸透していく!未来を見据えて仮想通貨を保有しよう

未来の通貨といわれる仮想通貨は、政府レベルでも民間レベルでもどんどん世の中に浸透しています。

実際、独自の仮想通貨を発行することを表明する大手企業も出てきており、また国家レベルで仮想通貨のシステムを導入するという動きも活発になってきています。

仮想通貨の登場は、キャッシュレスが進む現代という時代を如実に反映する出来事です。

この先、現金を使う機会はなくなるかもしれません。

そのような時代に乗り遅れないためにも、まずは仮想通貨を保有してみて、その利便性の高さや投資商品としての価値を実感してみると良いでしょう。

注目ランキング

RELATED
PURE DIAMOND COINS