ICO

よく聞く『ハードフォーク』とは?仕組みや実施する理由を解説

暗号通貨について情報収集をしていると「ハードフォーク」という単語を目にすることが多いと思います。 一体このハードフォークというのはどういったものなのでしょうか? 今回は暗号通貨についてまだあまり詳しく知らない人でもわかりやすくハードフォークを解説していきます。

目次

ハードフォークとは

ハードフォークを行う理由

ハードフォークのユーザーへの影響は?

あのコインもハードフォークで生まれた

今後の暗号通貨の動きに注目

ハードフォークとは

Pure Diamond Coin Info Blockchain

フォークは「分岐」という意味です。

ハードフォークでは暗号通貨が、2つのコインに分岐します。

1つはそれまでのルールを引き継ぎ、もう1つは新しいルールが適応されたコインになります。

そのため、ハードフォーク後、それぞれのコインは全く別のコインとして成り立つため、価値の変動も異なります。

 

ハードフォークを行う理由

では、ハードフォークはどういった理由で行われるのでしょうか?

実は、ハードフォークを行う理由は「スケーラビリティ問題」を解決するというところにあるのです。

簡単に言うと、スケーラビリティ問題とは、特定のコインが有名になり取引量が増えたことで、暗号通貨の処理が追いつかなくなってしまうことです。

ハードフォークを行った暗号通貨は、このスケーラビリティ問題を何とか解決しようとしています。

また、ハードフォークに似た単語として「ソフトフォーク」があります。ハードフォークと違って、ソフトフォークは暗号通貨の仕様そのものを変更します。

つまりソフトフォーク後は、新しいルールがそのコインに適応されることとなり、別々の暗号通貨に分裂することはありません。

ハードフォークのユーザーへの影響は?

それでは、ハードフォークが起きるとユーザーにはどのような影響があるのでしょうか?

大きな影響としては、ハードフォークが起きると分岐前のコインを持っていた人は、新しいコインももらえます。

何もしないでコインの保有量が増えるなんてとても良いことですね。

しかし、注意点もあります。

ハードフォークが予定されているコインは、ハードフォーク前後で大きな値動きが起こることが予想されます。

自分の持っているコインがハードフォークの予定があるときはチャートの動きには十分気を付けましょう。

また、ハードフォークを実施する数時間は、バグ発生などの危険性があるのでそのコインの売買や送金ができません。

慌てることないように、あらかじめ知っておきましょう。

あのコインもハードフォークで生まれた

ピュアダイヤモンドブロックチェーンプロジェクトのピュアダイヤモンドコイン(PDC)を購入できる通貨は、ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)の4通貨です。

実はビットコインキャッシュはビットコインのハードフォークから、イーサリアムクラシックはイーサリアムのハードフォークから誕生した暗号通貨なのです。

初めて生まれた暗号通貨であるビットコインは、スケーラビリティ問題の解決策で関係者の意見が対立することがよくあります。

そのため今まで何回もハードフォークが行われたくさんのコインが生まれてきました。ビットコインキャッシュはその内の1つです。

今後の暗号通貨の動きに注目

いかがでしょうか?

ハードフォークの意味がお分かりになったと思います。

一見難しい単語ではありますが、ここまで見てきた通り、実際はただ暗号通貨が分裂して新しく生まれると考えておけば大丈夫です。

スケーラビリティ問題を課題とする暗号通貨は多く、今後もハードフォークはしばしば発生する可能性があります。

特にビットコインはハードフォークを繰り返しています。前述した通りハードフォークの前後はチャートの動きが激しくなることが予想されますので、自分の持っているコインにハードフォークの情報があるときは相場をこまめにチェックしましょう。

注目ランキング

RELATED
PURE DIAMOND COINS