ICO

ICOの仮想通貨取引は詐欺?ICOの実態とその魅力を徹底解説!

ICOで仮想通貨を購入したのに、全く取引所に出回らない経験をした人はいませんか。 また、せっかく購入した仮想通貨が出回らないから詐欺だと疑う人もいるようです。 しかし、ICOの仕組みを学べば仮想通貨が出回らない原因も見えてくるでしょう。 今回は、そんなICOの実態や魅力について詳しく紹介していきます。

目次

ICOとは

ICOの目的
ICOの仕組み

ICOを行う企業側のメリットとデメリット

企業のメリット
企業のデメリット

ICOに参加する投資家側のメリットとデメリット

投資家のメリット
投資家のデメリット

ICOとIPOの違い

ICOとIPOの共通点
ICOとIPOの違い

ICOとクラウドファンディングの違い

クラウドファンディングとは?
ICOとクラウドファンディングの違い

ICOの参加方法

手順1.ホワイトペーパーなどで情報を入手
手順2.仮想通貨の準備
手順3.複数のウォレットを作成
手順4.ICOの企業トークンを購入
手順5.トークンの確認

魅力的なICOをうまく活用しよう!

ICOとは

仮想通貨のICOとは、イニシャル・コイン・オファリング(Initial Coin Offering)の略です。

イニシャルは「初め・最初」、コインが「通貨」、オファリングは「募集・販売」という意味があります。

また、新規仮想通貨公開とも呼ばれているのです。

他にも、クラウドセールやプレセール、トークンセールとも呼ばれており、内容も少しずつ違います。

しかし、仕組みや目的は同じなので、まずは目的を理解することが重要です。

 

 ICOの目的

ICOの目的は、企業側の資金調達のために行われます。

もちろん、投資家に対してもICOのトークンを購入することはメリットがあり、積極的に取引されているのも事実です。

企業側はプロジェクトや事業を始める際に、多額の資金を必要とする場合があります。

そのときに資金援助として使われるのがICOです。資金調達の他にも、「独自通貨として普及させ価値を持たせる」「資金調達の枠組みを作る」などの目的があります。

いずれも、企業側が事業拡大や成功を狙った目的だと考えておきましょう。

 

 ICOの仕組み

ICOの仕組みは、まず、企業側が事業計画などを作成し、独自のトークンを発行します。

その後、発行されたトークンを販売し、購入されれば資金を調達できる仕組みです。

この仕組みの特徴は、世界中との取引ができる点とトークンの売買が現金ではなく、仮想通貨だという点となります。

まず、仮想通貨は世界中で取引が行われているので事業計画や事業の人気があれば多くの資金を迅速に調達することが可能です。

また、仮想通貨は、世界共通の通貨なので世界中の人がICOに参加しやすい特徴があります。

この2つの特徴から、ICOは企業側と投資家側の両方から魅力があると判断されているのです。

ICOを行う企業側のメリットとデメリット

企業のメリット

ICOを利用するメリットは、企業側と投資家側では違いがあります。まず、企業側のメリットは、短期間で高額の資金調達が可能になることです。世界規模なので、時間や場所にとらわれることなく、最小限のリスクで資金を得られます。プロジェクトに将来性や魅力が強ければ、目標金額に数時間で到達する企業もあるほどです。そのため、効率よく資金を調達したい企業は有効でしょう。また、時間や場所が限られている企業は融資してくれる場所を探す手間も省けるので利便性も高まるメリットがあります。他にも、さまざまなメリットがあるので見ていきましょう。

 

少ない資金で事業ができる

ICOを利用することで資本金が少なくても事業をすることが可能です。例えば、事業計画をしたときに資金が1000万円必要でしたが、手元には300万円ほどしか資金がありませんでした。この場合、残り700万円の資金が必要となってきます。また、事業計画の期間が限られており、時間がない場合にICOを活用すると便利です。ICOを利用すれば、700万円が手元になくても短期間で1000万円の資金を集めることが期待できます。もちろん、投資家にも魅力的な事業計画でなければなりませんが、企業によっては目標金額以上の資金調達が可能となるのです。

 

もらった資金を返さなくて良い

ICOの仕組みは、基本的に投資家へ資金を返済しなくて良い制度です。そのため、1度資金調達でもらったお金は返す必要がありません。なぜなら、その資金を使って事業を拡大・成長させれば、独自発行したトークンの価値が上がり投資家にも利益が生まれるからです。そのため、企業側はお金を返す必要がないので、お金を銀行などから借りる場合に比べてリスクを減らせるメリットがあります。

 

仲介手数料がかからない

直接100%の資金を投資家から受け取れることもうれしいメリットです。ICOに似たIPOでは、証券会社から仲介手数料を受けるので100%の資金が受け取れません。一方、ICOでは、投資家と直接売買をするため手数料などが少なくて済みます。取引後に手元に残るお金が多いので、時間効率もよく多額の資金調達に重宝できる仕組みだといえるでしょう。

 

企業のデメリット

将来性が必須

企業側のデメリットは、資金調達ができない場合があることです。資金は投資家から調達するため、将来性がなければ資金が集まりません。また、すごく時間がかかる場合もあります。そのため、企業によっては使えない資金調達方法となってしまう可能もあるでしょう。

 

すべて自社責任

ICOは、制度が確立されておらず、法律上責任を誰も取ることができません。会社法や税法上を考慮するために、ICOの規制は変わる可能性もありますが、さらに厳しくなる可能性もあります。

 

投資家への影響

事業が失敗した場合は投資してくれた人が負債を負うことになります。つまり、投資家から白い目で見られる可能性も十分に考えられるのです。ICOを通して、会社の信用を失うことにもなりかねません。そのため、ICOを取り扱う場合はメリットだけではなく、デメリットにも目を向けておいた方が良いでしょう。

ICOに参加する投資家側のメリットとデメリット

投資家のデメリット

買った通貨が無駄になるリスク

ICOに掲載された企業の仮想通貨は、必ず取引所に出回るわけではありません。つまり、ICOで購入した仮想通貨が無駄になってしまうこともあるのです。取引所に出回らない理由は、「企業の資金が目標金額に到達しなかった」「企業の事業が失敗した」「最初から事業をする気がなかった」などが挙げられます。

最初から事業をする気がなかった理由は、あまりありませんが絶対ないとも言い切れません。企業側が事業を失敗しても投資家からすれば、購入した通貨が無駄になるのには変わりがないのです。つまり、どんな理由があっても投資家の購入した仮想通貨は、取引所に出回って初めて最大の効力を発揮するといえます。取引所に出回る通貨を見極めなければ投資は失敗するリスクを覚えておかなければなりません。

 

敷居が高い

ICOに参加して仮想通貨を購入することは、他の投資に比べて複雑で敷居が高い傾向があります。仮想通貨の購入に慣れている人は、問題ないかもしれません。しかし、すべての人がICOを使いこなすのは難しいのです。ただ、敷居が高い一方、競争率も低いともいえます。購入したい企業の募集が終了する前に、仮想通貨を購入できる可能性は高くなるのでデメリットでもあり、メリットでもあります。購入後の仮想通貨の上がり幅は、企業任せになるため、購入前に通貨の将来性などをよく考えてから購入するように心がけましょう。

 

ICOとIPOの違い

IPOとは、企業側が株式を発行し、株式を購入してもらう資金調達方法です。一方、ICOは企業側がトークンを発行して、資金を調達します。発行から資金調達までの流れは、一見同じに見えますが、IPOとICOでは、共通点と違う点があるので理解していきましょう。

 

ICOとIPOの共通点

共通点は、個人や企業など複数の人から資金を調達できることです。また、企業側が資金調達のためにアピールできる場としては、IPOとICOは共通のメリットでしょう。他にも、資金を出資することで企業を裏から支えられる点も共通点といえます。

 

ICOとIPOの違い

一方、違う点は、IPOでは証券会社を仲介しますが、ICOは仲介がありません。そのため、資金調達をする時間がICOの方が早い特徴があります。また、IPOは投資や優待を目的に出資しますが、ICOは将来性に投資をするのです。つまり、ICOは、投資した仮想通貨自体に価値が生まれ、実用性が高い特徴があります。しかし、ICOには優待制度や議決権はありません。購入した仮想通貨が補償されるわけではないので、IPOの方が優遇される点もあるといえます。ICOとIPOでは、それぞれにメリットとデメリットがあるので、同じ感覚で出資しないように心がけましょう。

ICOとクラウドファンディングの違い

クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングやICOは、ともに資金調達を目的とした方法です。クラウドファンディングは、円やドルなど法的な通貨で資金を調達します。出資する側は、お金が戻ってくることはありませんが、出資者が提示した何らかの見返りをもらうことができる仕組みです。そのため、出資者は企業以外に個人でも可能な点が特徴といえます。

 

ICOとクラウドファンディングの違い

ICOとクラウドファンディング違いは、以下の通りになります。

・仮想通貨か法的通貨か
・投資した企業への権利があるかないか
・出資する人が企業のみか、個人でも可能か

同じように見えても、クラウドファンディングとICOでは全く違うことがわかります。クラウドファンディングを投資目的で出資することは難しいですが、資金調達したい人を応援する点は同じなのです。出資をして、その金額で多くの利益を求める人は、ICOがおすすめだといえます。「クラウドファンディング=寄付」「ICO=投資」と考えるとわかりやすいのではないでしょうか。どちらも仕組みをよく理解して、出資をするように心がけましょう。

ICOの参加方法

ICOに参加するための方法を紹介していきます。方法は5つの手順に沿って行いましょう。

 

手順1.ホワイトペーパーなどで情報を入手

まずは、情報収集をしていきます。ICOの情報を入手することで、購入した仮想通貨が出回らないリスクを最小限に抑えることが可能です。情報源は、仮想通貨メディア、個人のブログ、ホワイトペーパーで確認しましょう。特に、ホワイトペーパーは事業計画や将来性など具体的に記載されています。ICOの投資を検討する人なら、必ず目を通しておくことが必要です。購入する企業の目星をつける作業が、全体の9割だといっても過言ではありません。それだけ、重要な項目なので適当に行わないようにしましょう。

 

手順2.仮想通貨の準備

ICOで交換する仮想通貨を用意する必要があります。仮想通貨の入手先は、イーサリアム、ビットコイン、ネムなどICOで利用できる仮想通貨を購入しておきましょう。

 

手順3.複数のウォレットを作成

ウォレットは、仮想通貨を自分で管理する財布のようなものです。ICOに対応している通貨とウォレットは異なるため、複数のウォレットを準備しておくと安心でしょう。また、できるだけ多くのウォレットを持っておくと取引もスムーズに行えます。

 

手順4.ICOの企業トークンを購入

ICOのプレセール期間中に、対応したウォレットからICO専用の送金先に送金します。アドレスが間違っていると、正しく処理されないので注意しましょう。また、もし間違って送金しても補償してくれるサービスは行っていないので最低10回は確認すると安心です。

 

手順5.トークンの確認

購入したトークンの数があっているかを確認します。あとは、取引した仮想通貨が取引所に出回るのを待ちましょう。うまくいけば、購入した仮想通貨が10倍以上の金額になるケースもあります。成功率を上げるためにも、情報収集をしっかり行うことがポイントです。

ICOの参加方法

ICOに参加することで、効率よく仮想通貨を手に入れることができます。リスクもありますが、メリットも大きいのがICOの魅力です。絶対に失敗しないとは言い切れませんが、徹底的な情報収集をすれば高いキャッシュバックに期待できます。また、IPOやクラウドファンディングとは、目的や仕組みが違うことも理解しておきましょう。なぜなら、仕組みが混合してしまうと、失敗の原因につながるからです。ICOの仕組みを十分に理解して、大きな利益を期待してみてはいかがでしょうか。

注目ランキング

RELATED
PURE DIAMOND COINS