ラボグロウンダイヤモンド

遺骨からラボグロウンダイヤモンドは生成できるの?遺骨とダイヤモンドの関係性

大切な家族やペットが亡くなったとき、一般的な供養の方法は火葬してお墓に納骨することです。しかし、ラボグロウンダイヤモンドの技術発展に伴い、遺骨や遺灰を使ってラボグロウンダイヤモンドを生成して、手元で供養することが可能になりました。遺骨からラボグロウンダイヤモンドを生成するサービスは欧米から始まりましたが、現在は日本人の利用も増えているようです。今回は、遺骨から生成するラボグロウンダイヤモンドについて、ありがちな疑問について答えていきます。

目次

「ラボグロウンダイヤモンドの生成に必要な量・費用・期間は?」

ラボグロウンダイヤモンドを生成するために、どのくらいの量の遺骨・遺灰が必要か
ラボグロウンダイヤモンドを生成する料金はどのくらい?
ラボグロウンダイヤモンドを生成するのに必要な期間はどのくらい?

「ラボグロウンダイヤモンドの生成方法について」

ラボグロウンダイヤモンド生成技術の裏付けは?
ラボグロウンダイヤモンドはどのような工程で生成されるのか?

「ラボグロウンダイヤモンドは遺骨で生成できるのか?」

過去に火葬された複数の人の遺骨を合わせてラボグロウンダイヤモンドを生成することは可能?
土葬された遺体からもラボグロウンダイヤモンドをつくれる?
1人の遺骨・遺灰からつくれるラボグロウンダイヤモンドの数は?
ペットの遺骨・遺灰からもラボグロウンダイヤモンドをつくれる?
ラボグロウンダイヤモンドのオーダー方法は?

「ラボグロウンダイヤモンドの色は?」

「ラボグロウンダイヤモンドの品質」

ラボグロウンダイヤモンドは本物のダイヤモンドなのか?
ラボグロウンダイヤモンドの価値とは?
納品されるラボグロウンダイヤモンドは本当に自分の提供した遺骨から生成されているのか?

「愛するひとの記憶を永遠に」

利用者のレビュー

「遺骨から生成されたラボグロウンダイヤモンドの普及」

「ラボグロウンダイヤモンドの生成に必要な量・費用・期間は?」

遺骨や遺灰からラボグロウンダイヤモンドを生成するサービスは新しいため、利用を検討するときは多くの不明点が出てくるようです。こちらでは、最も多い3つの疑問とその答えを紹介します。

ラボグロウンダイヤモンドを生成するために、どのくらいの量の遺骨・遺灰が必要か

遺骨や遺灰が70~200グラムもあれば、遺族みんなに行き渡るように複数のラボグロウンダイヤモンドの生成が可能です。(10個以上のラボグロウンダイヤモンドを生成したい場合は、もっと遺骨・遺灰の量が必要となるため、要相談)また、遺骨ダイヤモンド製造サービスを行う会社によっては、納品完了後も未使用の遺骨・遺灰の保存をしてくれます。そのため、あとから追加の注文をしたい場合や、万が一納品されたダイヤモンドが紛失盗難に遭った場合に生成し直すことが可能です。

ラボグロウンダイヤモンドを生成する料金はどのくらい?

天然ダイヤモンドと同様、ラボグロウンダイヤモンドの価格はサイズや色によって異なります。また、ダイヤモンド原石が生成されたあとにカットや研磨、ジュエリー加工を施す場合、遺骨ダイヤモンド製造サービス会社によっては別料金が発生することもあるようです。目安として、遺骨から生成するラボグロウンダイヤモンドの一般的なカラーであるイエローの場合、0.1~0.19カラットのメレダイヤの料金が約38万円、1~1.24カラットの場合は190万円程度かかります。一方、無色透明やブルー、レッドやグリーンの場合、0.1~0.19カラットで約45万円、1~1.24カラットなら約200~260万円程度です。ということは、お墓の購入維持費や永代供養料などと比較すると、お墓を持たず遺骨から生成したラボグロウンダイヤモンドを手元で供養する「ダイヤモンド葬」のほうが低コストになるケースもあるでしょう。

ラボグロウンダイヤモンドを生成するのに必要な期間はどのくらい?

遺骨からラボグロウンダイヤモンドを生成する期間は一般的に6~9カ月間ですが、オーダーされたラボグロウンダイヤモンドの大きさや科学的工程によって異なります。遺骨ダイヤモンド製造サービス会社によっては、生成期間中にメールで経過報告を受けたり、顧客自身がホームページ上で進行具合をチェックできるシステムを利用したりすることが可能です。

「ラボグロウンダイヤモンドの生成方法について」

遺骨でラボグロウンダイヤモンドを生成する方法を説明する前に、まずは、基本的なラボグロウンダイヤモンドの生成方法について見ていきたいと思います。

ラボグロウンダイヤモンド生成技術の裏付けは?

ラボグロウンダイヤモンド技術が最初に登場したのは1956年です。以来、遺骨ダイヤモンド製造サービスに従事する各社は十数年間にわたる研究開発の成果として、高品質なラボグロウンダイヤモンドを生成できるようになりました。世界でも最高レベルの科学者がスタッフとして参加している会社もあり、ラボグロウンダイヤモンドをオーダーした遺族の期待にこたえる品質を保証しています。

ラボグロウンダイヤモンドはどのような工程で生成されるのか?

天然ダイヤモンドは地下の深い場所において何百万年もかけて生成される物質です。それに対して、ラボグロウンダイヤモンドは、研究所内で同じ環境を機械によってつくり出し、同じように結晶化する過程を数カ月で発生させています。また、遺骨からラボグロウンダイヤモンドを生成する場合、生成工程に入る前に遺骨や遺灰から炭素を抽出する工程が必要です。そして、ダイヤモンド原石が完成した後は研磨やカッティング、ジュエリー加工などの仕上げや、鑑定書の作成が行われます。

「ラボグロウンダイヤモンドは遺骨で生成できるのか?」

遺骨からラボグロウンダイヤモンドがどのように生成されるのか、具体的なイメージが湧かない人も多いのではないでしょうか。こちらではその生成工程や原料について説明します。

過去に火葬された複数の人の遺骨を合わせてラボグロウンダイヤモンドを生成することは可能?

遺骨がほとんど残っておらず遺灰しかない場合でも、そこから炭素を抽出してラボグロウンダイヤモンドを生成することができます。たとえば、両親やご先祖様の骨をまとめてひとつのラボグロウンダイヤモンド、あるいは複数のラボグロウンダイヤモンドにすることも可能です。

土葬された遺体からもラボグロウンダイヤモンドをつくれる?

髪の毛からも炭素を抽出できるため、土葬された遺体からラボグロウンダイヤモンドを生成することもできます。その場合、約3グラム、またはひとつかみ程度の毛髪から1~2個のラボグロウンダイヤモンドを生成することが可能です。

1人の遺骨・遺灰からつくれるラボグロウンダイヤモンドの数は?

通常は200グラムの遺骨・遺灰を用いて8~10個のラボグロウンダイヤモンドが生成されますが、顧客が要望すれば、1人分の遺骨・遺灰から100個以上のラボグロウンダイヤモンドを生成することができます。10個以上を希望する場合は、より多量の遺骨・遺灰が必要となるため、遺骨ダイヤモンド製造サービス会社と相談すると良いでしょう。

ペットの遺骨・遺灰からもラボグロウンダイヤモンドをつくれる?

人間の遺骨・遺灰と同様に、ペットの遺骨や遺灰からもラボグロウンダイヤモンドを生成することができます。どんな種類の動物でも可能ですが、体の小さな動物の場合、遺骨や遺灰からラボグロウンダイヤモンドを生成するのに必要な量の炭素が取れないかもしれません。その場合は、ペットの被毛や羽毛、飼い主さんの髪の毛や生前の愛用品などを加えることでラボグロウンダイヤモンドを生成することが可能です。

ラボグロウンダイヤモンドのオーダー方法は?

遺骨からラボグロウンダイヤモンドを生成する研究所はヨーロッパやアメリカだけにしかありません。しかし、日本にも支社がある会社や、日本語ホームページから問い合わせや注文を受け付ける会社は複数あります。そのほか、日本の葬儀会社を介してオーダーできる場合もあります。

「ラボグロウンダイヤモンドの色は?」

かけがえのない人を偲ぶ記念品としてオーダーするラボグロウンダイヤモンドだけに、その人らしい色を選びたいと思う遺族も少なくありません。また、ラボグロウンダイヤモンドの価格は色によっても異なります。

天然ダイヤモンドと同様、ラボグロウンダイヤモンドにも無色透明やブルー、イエロー、レッド、グリーンがあります。自然な発色はイエローですが、そのほかの色は結晶化段階で別の工程を加えることによって生成することが可能です。具体的には、真空状態で結晶化させると無色透明になりますし、結晶化段階でホウ素を少し加えるとブルーになります。それから、カット後に施すカラーコーティングによって、レッドやグリーンにすることも可能です。また、いずれの場合も遺灰・遺骨の性質により、ラボグロウンダイヤモンドにはそれぞれ個性的な濃淡が出ます。しかし、生成前にどんな濃淡が出るかを予測することはできません。

「ラボグロウンダイヤモンドの品質」

遺品とはいえ宝石をオーダーするわけですから、ラボグロウンダイヤモンドの品質が気になる人は多いことでしょう。こちらでは、遺骨から生成したラボグロウンダイヤモンドの品質について説明します。

ラボグロウンダイヤモンドは本物のダイヤモンドなのか?

遺骨から生成されたラボグロウンダイヤモンドを含むすべてのラボグロウンダイヤモンドは本物のダイヤモンドとみなされており、権威機関であるGIA(米国宝石学会)から鑑定書が発行されます。天然ダイヤモンドとラボグロウンダイヤモンドは区別されますが、その輝きや硬度は変わりません。

ラボグロウンダイヤモンドの価値とは?

遺骨から生成するラボグロウンダイヤモンドは大切な人の遺骨から生成されるオリジナルの記念品であるだけでなく、そのものが高品質です。ダイヤモンドの評価基準のひとつにクラリティ(透明度・不純物の有無)があります。ラボグロウンダイヤモンドのクラリティはI(インクルーデッド)からVVS(ベリーベリースライトリーインクルーデッド)までありますが、主な遺骨ダイヤモンド製造サービス会社はVS(ベリースライトリーインクルーデッド)を目標として生成を行っているようです。また、天然ダイヤモンドにおいて希少な色がラボグロウンダイヤモンドに発生する場合があることも付加価値と言えるでしょう。

納品されるラボグロウンダイヤモンドは本当に自分の提供した遺骨から生成されているのか?

火葬された遺骨・遺灰にはDNA情報が残っていないため、完成したラボグロウンダイヤモンドの原料が提供された遺骨であることを科学的に証明する手段はありません。そのため、遺骨ダイヤモンド製造サービス業者各社は、オーダー前に顧客の疑問を解決して信頼関係を築くことを重視しています。加えて、遺骨・遺灰の取り違えや混入が起こらないように、託された遺骨・遺灰には識別番号を付けて管理し、ラボグロウンダイヤモンドの生成途中でも工程の進み具合を随時確認することが可能です。また、ラボグロウンダイヤモンドを生成する研究所を見学できる会社もあります。

「愛するひとの記憶を永遠に」

ラボグロウンダイヤモンドはオーダーから受取まで念入りな打ち合わせと数カ月の期間を必要とするため、大切な家族やペットを失った悲しみを癒すのに効果があるといわれています。

利用者のレビュー

「愛する存在がどんなダイヤモンドとなって自分の元に戻ってくるかと考えながら待つ楽しみがあり、喪失の悲しみを和らげてくれました」

「ダイヤモンドに姿を変えた故人と再会できたとき、喜びを感じました」

実際に遺骨からラボグロウンダイヤモンドをつくった方からは、このような声が多く寄せられています。

「愛するひとの記憶を永遠に」

遺骨や遺灰から生成するラボグロウンダイヤモンドは、天然ダイヤモンドと同様に本物のダイヤモンドです。そして、天然ダイヤモンドと同じ美しさと不変性を持っているにもかかわらず、リーズナブルな価格で入手できます。加えて、遺骨・遺灰をラボグロウンダイヤモンドにして手元で供養すれば、お墓を購入・維持する供養方法よりもお金がかからない場合もあるようです。それに、オーダーする手続きと完成を待つ時間には、遺族の悲しみを癒す効果があるといわれています。ですから、遺骨からラボグロウンダイヤモンドを生成する形は、葬儀や供養の新しいスタイルとして今後ますます日本でも普及していくでしょう。

注目ランキング

RELATED
PURE DIAMOND COINS