用語集

ラボグロウンダイヤモンド関係用語集

ラボグロウンダイヤモンドを含むダイヤモンド全般に関する「用語」をまとめページです。ダイヤモンドの種類やカット方法、評価基準などに関連する用語をワンポイント解説付きでご紹介します。

目次

ダイヤモンド用語:

ダイヤモンド用語:カ行

ダイヤモンド用語:サ行

ダイヤモンド用語:タ行

ダイヤモンド用語:ハ行

ダイヤモンド用語:マ行~ラ行

ダイヤモンド用語:番外編

ダイヤモンド用語:

アイクリーン

裸眼ではインクルージョンが全く認められないダイヤモンドのこと。

ラボグロウンダイヤモンドは全てアイクリーンにあたるため、中ランク以下の天然ダイヤモンドよりきれいである。

クラリティ(価値基準4Cの1つ)の等級で SI-1 以上を指します。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

アイデアルカット

ブリリアントカットの一種。

ブリリアントカットの中でも、トルコフスキーが数学的に算出した最高級のプロポーションのカット方法。

アイデアルカットには、多くの時間と技能が要求され、かつ原石の多くの部分が無駄になってしまうことから、アイデアル・カットが施されたダイヤモンドは他のカットが施されたダイヤモンドより高価になります。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

インクルージョン

ダイヤモンド中に包有される他の鉱物のこと。

これが多いダイヤモンドは価値が低いが、研究所で生成されるラボグロウンダイヤモンドには存在しない。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

エクストラファセット

ダイヤモンドのカットにより、規定外であるためにカットされた余分なファセットのこと。

ファセット上のキズを取り除くために作られます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

エタニティリング

小粒の宝石が一周するようにデザインされているタイプのリング。永遠に変わらない愛情と感謝の気持ちを示すものとして、結婚記念日などに夫から妻に贈る指輪です。エタニティ=永遠という意味から名づけられました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

エンゲージリング

エンゲージリングは婚約指輪。男性が女性に婚約の証として渡す。プロポーズするときに渡す指輪。結納品のひとつとして「結美輪」として納めることもあります。

ダイヤモンド用語:カ行

カット

形状、研磨の精度の状態のこと。ダイヤモンドの価値基準4Cの1つ。

ダイヤの輝きを決める重要な要素。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

カット・ポリッシュ

原石を切断、研磨し、研磨済みダイヤモンド(Polished diamond)にすること。およびダイヤモンドルースの状態の程度。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

ガードル

ダイヤモンドの外周の細い境界線のような部分のこと。

研磨・面取りされず、そのまま残されることもあります。しかし、基本的には研磨されたほうが、全体的により美しくなるとされています。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

カラット

ダイヤモンドの価値基準4Cの1つで、重さの単位。

現在は1ct(カラット)=0.2gと決められている。

ポイントという単位もあり、1カラット=100ポイントである。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

カラー

ダイヤの価値基準4Cの1つで、透明度を表すもの。

一般的に無色に近いダイヤモンドほど光を透過させるため、価値が高くなる。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

カリナン (Cullinan)

原石の重さは 3106 カラット。英国のエドワード七世に献上され、王はこれをカットして9個の大きな石と96の小さな石にしました。そのうちの一つカリナンⅠ (530.20 ct) はペアシェープでアフリカの星と呼ばれるもので、カットされたダイヤモンドでは世界最大のものです。タワー・オブ・ロンドンに保管されています。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

環境問題

天然ダイヤモンドが引き起こしてきた問題の一つ。

採掘場に巨大な穴を掘ることで、生態系などを破壊する。

採掘にはエネルギーも膨大に消費する。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

キュービックジルコニア

屈折率がダイヤモンドに近く、ダイヤモンドの模造品としても利用される。

炭素で組成されている天然ダイヤモンドやラボグロウンダイヤモンドと違って、酸化ジルコニウムで生成されているため価値は低い。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

キンバーライト

橄欖岩で殆んどのダイヤモンドの母岩である。地中から噴出して固化したものでブルー・グラウンドとも呼ばれ、風化によってイエロー・グラウンドに変化する。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

キンバリー

南アフリカ共和国の州のひとつ、北ケープ州の州都キンバリー。この地域にダイヤモンド鉱山が多い。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

キンバリーレポート

キンバリープロセス証明書。キンバリープロセスとは、ダイヤモンド原石の国際認証制度のことで、アフリカの紛争の資金源になっているダイヤモンドの不正取引を阻止する制度です。わが国では2003年1月10日よりこの制度が導入され、原石の輸出入ともにキンバリープロセス証明書が必要になりました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

クラウン

宝石のカットにおいて、上部の面を指す。下部はパビリオン。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

クラリティ

ダイヤモンドの価値基準4Cの1つで、透明度を表す。

性質、数、色などを総合的に判断して評価が行われる。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

グレード

ダイヤモンドの価値基準4Cのそれぞれの評価項目の等級のこと。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

蛍光性

ダイヤモンドは紫外線が当たると青色等の蛍光を発するものがあります。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

結晶インクルージョン

ダイヤモンドに含まれるダイヤモンドまたは他種鉱物の結晶包有物をいう。よく発達したダイヤモンドの結晶を包有したダイヤモンドは子持ちダイヤモンドといわれることがある。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

合成ダイヤモンド

炭素のみで生成されたラボグロウンダイヤモンドとは、全く別のダイヤモンド。

合成の定義とは(1)2つ以上のものが結びついて1つになること、(2)2種以上の元素から化合物を作ることである。

ダイヤモンド用語:サ行

再カット

研磨済ダイヤモンドを何らかの理由により再研磨すること。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

重量比

ダイヤモンドの直径に対する全重量についての詳細。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

シンチレーション

ダイヤモンドの光のきらめき。照明、ダイヤモンド、観察者のいずれかが動いた時、ファセット(研磨された面)から閃光またはきらめきが生ずるが、この光のフラッシュ効果をシンチレーションという。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

シンメトリー

カットの評価を決める項目の1つで、形状が左右対称になっているかの評価のこと。

シンメトリーが優れているダイヤモンドは、入って来た光が分散して輝きが強まる。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

セッティング

リングに宝石を留める方法のこと。 爪宝石を留める部。デザインにも影響し、最近ではこの部を目立たせないのが流行。逆に爪でダイヤモンドを大きく見せるデザインもある。メレー小粒(0.2カラット以下)の石。中石の周りを飾ったり、パヴェリングのように敷き詰めて使う。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

ソリテア(ソリテール)

中石ひとつのリング。これの立て爪が代表的なエンゲージリング。

ダイヤモンド用語:タ行

タイプ1

窒素などの不純物を含むダイヤモンド。

天然ダイヤモンドの98%がこれにあたる。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

タイプ2

窒素などの不純物を含まない希少な純粋物のダイヤモンド。

天然ダイヤモンド全体で2%しかないとされ、高値で取引される。

ラボグロウンダイヤモンドは研究所で生成されるので、不純物が入ってなく、こちらにあたる。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

耐久性

ガードルが極めて薄いダイヤモンドは欠けやすいなどの特徴。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

立て爪

セッティング方法のひとつ。石を持ち上げ、光が入るように工夫されている(エンゲージリングの定番となっている6本爪は、ティファニー社の考案)。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

着色ダイヤモンド

放射線照射によって人工的に着色したダイヤモンドで、黄色、褐色、緑色、青色、ピンク、赤など各色の着色ダイヤモンドがある。着色ダイヤモンドの鑑別には分光光度計、FT-IR、ラマン分光分析装置などが有効である。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

ディスパージョン

宝石にみられる光の効果で特にダイヤモンドの美しさを構成する要因の一つで、ダイヤモンドに入射した白色光がダイヤモンド内部で屈折反射を繰り返し、白色光を構成する各々のスペクトルに分解され"虹色"を示す。ファイアと同じ。ダイヤモンドのディスパージョンの数値は0.044で調和のとれたディスパージョン(ファイア)を示す。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

デビアス

ダイヤモンド業界で大きなシェアを占めている大手の企業。

有名な「A Diamond is Forever」というスローガンを生み出した。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

テーラー・バートン (Taylor-Burton)

リチャード・バートンはエリザベス・テーラーの誕生日の贈り物として、後にテーラー・バートンと呼ばれることになる 69.42ctのペアシェープ形のダイヤモンドを贈りました。 このダイヤモンドはプレミア鉱山でとれた 240.75ctの原石をハリー・ウィンストンが買ってカットさせたもので最高の品質のDカラー、Flawless の宝石であるといいます。オークションでカルチェが落札し、その後リチャード・バートンが購入したものです。グレース王妃のパーティーにエリザベス・テーラーがつけてゆくなど話題を呼んだこのダイヤモンドも 1978年にリチャード・バートンと離婚したエリザベス・テーラーによって競売にかけられ、現在はサウジアラビアに渡っていると言われます。

ダイヤモンド用語:ハ行

ファセット

カット、研磨された平らな1つ1つの面のこと。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

ファンシー カラー

はっきりとした色調を持ったダイヤモンド。

天然では無色のダイヤに比べて産出量が極めて少ないため、高額で取引されることもある。

中でも、レッドとブルーの希少価値は高い。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

フィニッシュ

カットの評価は、プロポーションとこのフィニッシュによって総合評価される。

フィニッシュはダイヤモンドのシンメトリーとポリッシュ(研磨済みダイヤモンド表面状態)の項目から成り立つ。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブリリアント カット

ダイヤモンドのカット形式の1つ。

カットのスタンダードで人気が高い。

58面体カットは、ダイヤモンドの美しい輝きを最大限に引き出すカットだと言われる。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブルーダイヤモンド

天然で希少なファンシーカラーのダイヤモンド。

最近の研究で天然のブルーダイヤモンドの青は、太古の海の色であったことが判明している。

ラボグロウンダイヤモンドでも生成可能である。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

プロポーション

カットの評価は、このプロポーションとフィニッシュによって総合評価される。

プロポーションはダイヤモンドの深さ、ガードルの厚さ、テーブル径、ファセットの角度などの要素を含む。外見の優劣に大きく影響。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

紛争問題

天然ダイヤモンドが引き起こしてきた問題の一つ。

ダイヤモンド資源は膨大な富を生むため、多くの紛争がこれによって勃発・長期化した。

ダイヤモンド用語:マ行~ラ行

マスター ストーン

鑑定評価の基準となるダイヤモンドのこと。

基準となるのにふさわしい、非常に質の良い高価なダイヤモンドである。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

マリッジリング

マリッジリングは結婚指輪。結婚式に教会で交換するリング。日常既婚者のしるしとして薬指にはめていることが多い。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

メレダイヤモンド

0.2~0.1カラット程度以下の小粒なダイヤモンドの総称。

多くはジュエリーのメインストーンの引き立て役として使用される。

ラボグロウンダイヤモンドのメレダイヤモンドは、HPHT法で生成される。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

モース硬度

ドイツの鉱物学者、フリードリヒ・モースが考案した鉱物や宝石の硬度を表す基準です。

宝石がどのくらいの引っかき傷に耐えうるかを測り、10段階の等級に分類した相対硬度です。硬度2の石で傷つくが、硬度1の石では傷つけられないものは、1(1/2)と表示しています。

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------

ラボグロウンダイヤモンド

研究所において、CVD法やHPHT法で生成されたダイヤモンド。

窒素などの不純物を含んでいないことから、天然ダイヤモンドよりきれいだといわれる。

現在、価格は天然ダイヤモンドの50%ほどで取引される。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

レッドダイヤモンド

ブルーよりさらに希少なファンシーカラーのダイヤモンド。

世界に数十個しかなく、専門家でも天然のレッドダイヤモンドを見たことない人が多いとされる。

ラボグロウンダイヤモンドでは生成可能である。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

労働問題

天然ダイヤモンドが引き起こしてきた問題の一つ。

途上国では、貧しい労働者が安い賃金で働かされている。

彼ら彼女らが働く採掘場は危険で過酷な環境である。

ダイヤモンド用語:マ行~ラ行

4C

ダイヤモンドの品質を評価する4つの基準のこと。

クラリティ(Clarity)、カラー(Color)、カット(Cut)、カラット(Carat)の4つ。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

CVD法

ラボグロウンダイヤモンドの生成方法の一つ。

CVDは「chemical vapordeposition」(化学蒸着)の頭文字である。

またLPHT法ともいわれ、こちらは「lowpressure, high temperature」(低圧、高温)の頭文字である。

1カラット以上のラボグロウンダイヤモンドを生成する際は、HPHT法より適しているとされ、現在世界の主流になっている。

CVDダイヤモンドの生成は、メタンなどの炭素含有ガスが充填された真空チャンバー内で行われる。

ほとんどのCVD結晶は褐色か灰色がかっているが、窒素やホウ素を微量チェンバー内に注入すると、黄色、ピンクがかった橙、または青色の結晶を生成することができる。

無色の結晶はHPHT法よりこちらの方が容易に生成できるが、成長に要する時間は長くなる。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

FTC

アメリカの連邦取引委員会。

最近、従来のジュエリー指針を変更し「ダイヤモンド」の定義にラボグロウンダイヤモンドを含めるようにした。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

GIA

米国宝石学会のこと。

世界的な宝石学教育機関と鑑別・鑑定機関、研究所などからなる。

天然ダイヤモンドだけでなく、ラボグロウンダイヤモンドの鑑定書も発行している。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

HPHT法

ラボグロウンダイヤモンドの生成方法の一つ。

HPHTは「high pressure, high temperature」(高温、高圧)の頭文字。

HPHTダイヤモンドは、非常に高い圧力を発生させることができる装置内の小さなカプセルで生成される。

これは、天然ダイヤモンドが生まれた地球の地下深くの環境を再現している。

ほとんどのHPHT結晶は、黄色、オレンジがかった黄色、または茶色がかった黄色となる。

注目ランキング

RELATED
PURE DIAMOND COINS