用語集

暗号通貨用語集

仮想通貨及びピュアダイヤモンドコインに関する「用語」をまとめページです。通貨名や取引、マイニングなどに関連する用語をワンポイント解説付きでご紹介します。

目次

暗号通貨用語:ア行

暗号通貨用語:カ行

暗号通貨用語:サ行

暗号通貨用語:タ行

暗号通貨用語:ナ行

暗号通貨用語:ハ行~マ行

暗号通貨用語:番外編

暗号通貨用語:ア行

アルトコイン

Alternative Coin(代替のコイン)の略。

ビットコイン(BTC)以外の暗号通貨のことを指す。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

アセットタイプ

「株式」のような性質を持つ暗号通貨のこと。

カレンシータイプと違い発行者がいるため、中央集権的で発行枚数などを自由に決めることができるのが特徴。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

アセットバック通貨

金や石油など実在する資産に紐づいている通貨のこと。

トークンが金や石油などの所有権を表す。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

暗号通貨

インターネット上に存在するデジタル通貨。

仮想通貨と呼ばれることが多い。

円やドルなどの国家が価値を保証する法定通貨と違い、公的な発行者や管理者が存在しない。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

イーサリアム(ETH)

2018年8月現在、ビットコイン(BTC)に次ぐ時価総額2位の暗号通貨。

ブロックチェーンを使用したアプリ作成プラットフォームとスマートコントラクトが特徴。

ピュアダイヤモンドコイン(PDC)の購入に使える暗号通貨の一つ。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

イーサリアムクラシック(ETC)

ハードフォークで分裂した、イーサリアム(ETH)の大元。

2018年8月現在、時価総額13位の暗号通貨。

ピュアダイヤモンドコイン(PDC)の購入に使える暗号通貨の一つ。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

ウォレット

仮想通貨を保管する場所のこと。

大きく分けると、取引所、ウェブウォレット、ソフトウェアウォレット、ハードウェアウォレットの4つがある。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

■エアドロップ

コインの発行者がその認知度上昇などを目的に、無料でコインを配布する仕組み。

暗号通貨用語:カ行

カレンシータイプ

アセットタイプと違い、非中央集権的に運営されている暗号通貨のこと。

マイニングされることによって発行、配布される。

ビットコインやイーサリアムなどが分類される。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

カンファレンス

暗号通貨の会議や研究会のこと。

そのコインの関係者が直接語ることもあり、発言内容が売買の判断材料とされることも多い。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

草コイン

時価総額が低く、日本の主要取引所でも扱ってないマイナーコインのこと。

今後の予想が難しく、ハイリスクハイリターンといえる。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

ゴールドウォレット

ペーパーウォレットやハードウェアウォレットなど、インターネットと切り離されたウォレットのこと。

暗号通貨用語:サ行

承認

トランザクションが新しくブロックに含まれること。

まだどのブロックにも属していない段階では未承認となる。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

スケーラビリティー問題

例えば、ビットコイン(BTC)は約10分ごとに新しいブロックが生成されている。

取引量が増えることで、そのブロックに入らない件数が多くなると、送金時間がかかる、取引手数料が上がる、といった問題が起こる。

このような問題のことをスケーラビリティー問題という。

暗号通貨用語:タ行

テレグラム

コミュニケーションツール。

暗号通貨の情報発信手段として使われることが多い。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

ドミナンス

暗号通貨市場全体におけるビットコイン(BTC)の支配率のこと。

大きく見るとアルトコインの普及に伴い、ドミナンスは降下している傾向にある。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

トランザクション

ブロックチェーン上の取引記録のこと。

暗号通貨用語:ナ行

ナカモトサトシ

史上初の暗号通貨であるビットコイン(BTC)の生みの親とされる人物。

2009年にビットコインのアイデアをネット上に発表したが、その正体は未だ不明。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

二段階認証

セキュリティ対策を目的として、ログイン時に二重パスワードを設定すること。

暗号通貨用語:ハ行~マ行

ハードウォーク

スケーラビティ問題などを解決するため、ブロックチェーンの分岐(分裂)を行うこと。

ビットコイン(BTC)から分裂したビットコインキャッシュ(BCH)のように、対象のコインも分裂することになる。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

ビットコイン(BTC)

史上初めて生まれた暗号通貨。

2018年8月現在でも時価総額1位の座は揺らがない。

ピュアダイヤモンドコイン(PDC)の購入に使える暗号通貨の一つ。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

ビットコインキャッシュ(BCH)

スケーラビリティー問題が原因で、ビットコイン(BTC)からハードウォークして誕生した暗号通貨。

2018年8月現在の時価総額は4位。

ピュアダイヤモンドコイン(PDC)の購入に使える暗号通貨の一つ。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

ピュアダイヤモンドコイン(PDC)

ピュアダイヤモンドプロジェクトで、ラボグロウンダイヤモンドの流通に使用される暗号通貨。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)と違って、実物に紐づいているという新しいタイプの暗号通貨である。

プレセールは2018年9月1日から始まる。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブロック

ブロックは取引をまとめたもので採掘(マイニング)の単位。

取引はブロックに含まれることではじめて承認となるため、まだどのブロックにも属していない取引は未承認とされる。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブロックチェーン

分散型台帳技術、分散型ネットワークのこと。

より簡単に言うとブロック(取引履歴)をまとめたものである。

改ざんできず信頼性が高いため、暗号通貨以外にも幅広い用途での活用が期待されている。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

ホワイトペーパー

仮想通貨発行前にその仮想通貨を知ってもらうための公開文書。

その仮想通貨の企画や構想、そして技術的な内容を網羅している事が多い。

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------

■マイニング

新たなブロックを生成し、その報酬として暗号通貨を入手すること。

計算を繰り返し、特定の条件を満たす解を見つけるという行為であり、たくさんのハードウェアと電気代が必要になる。

暗号通貨用語:ハ行~マ行

ICO

Initial Coin Offering(新規暗号通貨公開)の略。

資金調達したい企業や事業プロジェクトが、独自の暗号通貨トークンを発行・販売し、資金調達する行為を指す。

ハイリスクハイリターンで投機的側面が強く、詐欺が横行するなど問題点も多い。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

P2P

非中央集権的で個々の端末(Peer)が互いに信頼し合うことで成立するネットワークのこと。

注目ランキング

RELATED
PURE DIAMOND COINS