ピュアダイヤモンドコイン

仮想通貨市場が下落している原因とは?ピュアダイヤモンドコインを絡めて検証してみた

今話題を呼んでいる仮想通貨「ピュアダイヤモンドコイン(PDC)」。購入したいと考えている方も多いと思いかもしれませんが、現在仮想通貨の市場は下落傾向にあるのが現状です。実際にビットコイン(BTC)は、2017年12月に1枚200万円を超える大暴騰を見せましたが、2018年9月現在には1枚70万円前後まで下落しています。また、2018年8月にはICO調達額が過去16ヵ月で最低となったことが判明しているのです。仮想通貨市場がこのような状況ではICOで投資したとしても、大きな利益が見え込めないことはおろか、自分が損してしまう場合も考えられるでしょう。

目次

仮想通貨市場の下落の原因と著名人の見解

著名人の意見から考える仮想通貨市場の今後

実用性が見通されるピュアダイヤモンドコイン

ピュアダイヤモンドコインの未来に期待

仮想通貨市場の下落の原因と著名人の見解

現在、暗号通貨が下落している原因の1つとして「今までの仮想通貨はあくまで投機目的だった」ということが挙げられています。これはどういうことかと言いますと、これまでの仮想通貨はいわゆるバブル状態でした。つまり、バブル状態に乗っかる形で多くの人が「投機」を目的とし、仮想通貨に投資をしていました。しかし、そのバブルも収まりつつある中、多くの人は「現在の仮想通貨の実用性の無さ」に気づき、一気に価値が下がっているという状態にあります。実際に、今までは実用性のある仮想通貨はありませんでした。たしかに、「送金手数料が安い」「送金が速い」など便利な点は存在しますが、肝心の決済ではまだまだ実用できるレベルに達していません。クレジットカードや交通系ICカードと異なり、決済に使える場所は少ないのが現状です。では、現在下落している仮想通貨市場が、これからどのように推移していくと予想されるのか、専門家の意見を見ていきましょう。

イーサリアム共同創始者のヴィタリック・ブテリン氏の意見

イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリン氏は、「仮想通貨とブロックチェーンが今後1000倍に成長することはないだろう」と述べています。これは、今まで続いてきた仮想通貨バブルがついに終わったということの示唆です。ブテリン氏は、仮想通貨とブロックチェーン業界は、すでに「天井」に近づきつつあり、今後の焦点はこれらの技術の「実際の応用」に移りつつあると考えられています。次の段階は、「すでに仮想通貨に関心を持つ人々をさらに深く関与させることにある」と述べました。

ゴールドマン・サックス最高運用責任者(CIO)シャーミン・マサバーラーマニ氏の意見

また、2018年7月末アメリカの大手投資銀行ゴールドマン・サックスの投資戦略グループ最高運用責任者(CIO)であるシャーミン・マサバーラーマニ氏が、今後の仮想通貨相場はさらに下落するという見通しを明らかにしました。

マサバーラーマニ氏は、「仮想通貨は通貨の伝統的な3つの役割を果たしていないため、今後も下落すると見ている。仮想通貨は、交換手段でもないし、価値の尺度にもならないし、価値の貯蔵手段でもない」と述べました。

イーサリアム共同創始者のジョセフ・ルービン氏の意見

一方で、同じくイーサリアム共同創始者であるジョセフ・ルービン氏によると、「今後は仮想通貨が市場が伸びていく」という見解を述べています。イーサリアム共同創始者のジョセフ・ルービン氏は「これらの技術は今後20~30年間で政治経済のシステムに対して影響力を持つ。私たちはまだスタート地点にいるにすぎず、この業界は大きな進化をするだろう。現在、資産とみなされる全てものが、将来は仮想通貨の資産として表現されるようになるだろう。」と述べました。

このように、同じイーサリアム共同創始者のヴィタリック・ブテリン氏が示した仮想通貨市場の見通しについて反対意見を表明したのです。

デューク大学フュークアビジネススクール教授キャンベル・ハーベイ氏の意見

また、2018年8月末デューク大学フュークアビジネススクールの教授であるキャンベル・ハーベイ氏は、CBS Newsで「今後、アメリカでは従来の紙幣に変わって国独自の仮想通貨が主要な通貨となるだろう」と述べました。

将来仮想通貨が普及する理由として、各国政府がブロックチェーンの研究に取り組んでいる事、デジタル化の進む現代において紙幣は合理的では無いことを挙げています。

ハーベイ氏は紙幣が仮想通貨に置き換わることで紙幣の偽造や脱税、闇市場での取引といった犯罪を解消できるとも指摘しています。

著名人の意見から考える仮想通貨市場の今後

イーサリアム共同創始者のジョセフ・ルービン氏とヴィタリック・ブテリン氏で真っ二つに割れる意見ですが、2人の意見をまとめるとどのようなことが言えるのでしょうか?今後の仮想市場が成長するための「鍵」について見ていきたいと思います。

今後の成長のカギは「実用性」にある

ここまで見てきたように、2018年年初から低迷が続く仮想通貨市場の今後について、真っ二つに意見が分かれている現状ですが、それではなぜ、このように意見が割れるのでしょうか?

それは、今後仮想通貨に実用性が生まれるかどうかがまだ見通せないからです。先述した通り、今の仮想通貨下落の主な原因として「実用性がない」ということが挙げられています。しかし、逆に言えば「実用性」が生まれさえすれば、仮想通貨は必ず伸びていくのです。では、「実用性がある仮想通貨」とは一体どのようなものなのでしょうか?

実用性が見通されるピュアダイヤモンドコイン

仮想通貨にはブロックチェーンという素晴らしい技術が存在します。ブロックチェーン技術は、改竄ができない記録台帳としてセキュリティー面が優れており、注目されています。現在の仮想通貨が「実用性がない」とこれほどまでに言われる理由は、ブロックチェーン技術を最大限に活用できていないからです。このブロックチェーン技術をうまく利用すればするほど、仮想通貨には実用性が出てくるのです。いわゆる「実用性がある」仮想通貨の一つとして、今回我々が紹介するのが「ピュアダイヤモンドコイン(PDC)」です。ブロックチェーン技術を有効に活用しているという点において、ピュアダイヤモンドコインは、ほかの仮想通貨と一線を画しています。

ピュアダイヤモンドコインとラボグロウンダイヤモンド

ピュアダイヤモンドコインの仕組みについては、別の記事にて詳しく紹介していますが、こちらでも簡単に触れておきたいと思います。

ピュアダイヤモンドコインとは、「本物のダイヤモンド」であるラボグロウンダイヤモンドによって価値を裏付けられた仮想通貨です。ピュアダイヤモンドコインの主な用途としては、ラボグロウンダイヤモンドの取引です。ピュアダイヤモンドコインでラボグロウンダイヤモンドを取引することで、ブロックチェーン技術によりトレーサビリティを担保できます。具体的には、ダイヤモンドの生成日や生成地、鑑定情報、流通経路などを誰でも確認することができ、改竄も不可能です。実は、天然ダイヤモンドの取引は透明性がないことなどで現在様々な問題が生じていますが、ブロックチェーン技術によりこれらの問題を解決したのです。

よって、ラボグロウンダイヤモンドが取引される限り、ピュアダイヤモンドコインに常に需要があることになります。そのため、ピュアダイヤモンドコインは「実用性のある仮想通貨」として使用されていくことが期待されているのです。

実用性を生み出す条件

一方、極論にはなりますが「ビットコインでしか〇〇は買えない」「イーサリアムにしか〇〇は買えない」などいったものは存在しないかと思います。(ICO購入を除く)

ビットコインやイーサリアムで購入できるものは、同じように法定通貨でも買うことができます。また、ビットコインやイーサリアムがブロックチェーン技術を本当の意味で活用できているとは言えないまたは、少なくとも多くの人には伝わっていないでしょう。

ピュアダイヤモンドコインの場合、ブロックチェーン技術をメリットを存分に生かし、なおかつブロックチェーン技術を導入したことで「トレーサビリティが担保できること」をユーザーに対して全面的に伝えていく姿勢を見せています。やはり、そこが今までの仮想通貨との大きな違いではないかと思います。

ピュアダイヤモンドコインの未来に期待

現在、落ち込んでいる仮想通貨市場ですが、ここまで見てきた通り今後どのように推移していくかは著名人の間でも意見が割れています。

ビットコインやイーサリアムなどそれぞれの暗号通貨が2018年末、1年後、5年後とどのように変わっていくのか、確実なことは誰にも分かりません。ただ一つ言えるのは、今後生き残っていくのは「実用性がある仮想通貨」だということです。そういった意味では、ラボグロウンダイヤモンドに裏付けられているピュアダイヤモンドコインは、生き残っていく可能性が高いと言えるでしょう。だからこそピュアダイヤモンドコインは、今多くのメディアに注目されているのです。また、世界最大の暗号通貨取引所であるバイナンスへの上場も噂されています。

そんなピュアダイヤモンドコインは現在ICOを行っています。ICO期間中で安く手に入れる今のうちに、ぜひ購入しておくことをおすすめします。購入にはビットコインとイーサリアム、ビットコインキャッシュ、イーサリアムクラシックが使用できます。

ピュアダイヤモンドコインの購入方法解説はこちら

注目ランキング

RELATED
PURE DIAMOND COINS