ICO

仮想通貨の確定申告をする手順を紹介!申告漏れのペナルティにも注意

仮想通貨の取引数が急増し、ビットコインについては一時200万円にまで上昇しました。 仮想通貨の取引がさかんに行われる中で、確定申告に関する疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。 そこで、仮想通貨の確定申告をする手順や、申告をしなかった場合のペナルティについて紹介します。

目次

仮想通貨取引で確定申告をすべきケース

申告が必要な人と不要な人
利益金額によって異なる

仮想通貨の利益と税率について

所得金額と税率の詳細

給与所得と税率
FXと異なる税率に批判も

確定申告時の計算方法

2種類の計算方法
どちらで計算すべきか
仮想通貨で買い物をした場合も確定申告の対象

仮想通貨取引で損失を出しても確定申告が必要?

損失の計算方法
経費として提出できるもの
取引使用分のみを算出

必要書類の準備をする 作成方法

必ず準備するもの
収入関連書類
そのほかの必要書類
インターネットで作成しよう

申告に関する詳細

準備時の注意点
申告場所にも注意
期間
税金納付も忘れずに
仮想通貨取引にも確定申告が必要!期限内に準備と申告をしよう

仮想通貨取引で確定申告をすべきケース

国内では、2017年4月の資金決済法改正によって、仮想通貨の「ビットコイン」が正式な決済手段として認められました。

大手家電量販電の決済で使用できるなど、取引所での売買以外にも仮想通貨の使用用途が広がりを見せています。

Pure Diamond Coin Info

申告が必要な人と不要な人

仮想通貨の確定申告においては、取引所を利用しているすべての人に申告の義務があるわけではありません。

例えば、仮想通貨を売買取引せず、所有しているだけであれば、確定申告の必要はないのです。

仮想通貨の取引によって利益を上げた場合や、ビットコインで商品を購入した場合などが挙げられます。

また、仮想通貨をほかの通貨と交換した場合などに、確定申告が必要です。

 

利益金額によって異なる

アルバイトや会社員など、1カ所から給与所得がある人は、仮想通貨で年間で20万円を超える利益を出した場合に、確定申告を行わなければなりません。

家族の扶養に入っている人は、基礎控除額である年間38万円以上の利益が出た場合、確定申告を行います。

また、個人事業主の場合には、仮想通貨取引の利益に関わらず、確定申告を行いましょう。

仮想通貨の利益と税率について

2017年12月から、仮想通貨取引によって得た利益は「雑所得」であり、総合課税対象となりました。

総合課税とは、給与所得との合計金額で税率が決定するものです。

つまり、仮想通貨取引の利益が大きくなるほど、所得税の税率も大きくなり、最大45%にまであがります。

さらに、住民税の10%とあわせると、最大で55%となる場合もあるのです。

仮想通貨取引の利益に対する税率のみならず、給与所得の税率まで同時に引き上げられる点に注意しましょう。

所得金額と税率の詳細

給与所得と仮想通貨取引の合計金額ごとに、税率を見ていきましょう。

給与所得と税率

課税所得に対する税率と控除額は以下の通りです。

課税所得が195万円以下の場合、税率は5%、控除額は0円。

195万円~330万円の税率は10%、控除額は97,500円。

330万円~695万円の税率は20%、控除額は427,500円。

695~900万円以下の税率は23%、控除額は636,000円。

900万円~1,800万円の税率は33%、控除額1,536,000円。

1,800万円~4,000万円の税率は40%、控除額2,796,000円。

4,000万円を超える場合の税率は、税率45%、控除額4,796,000円と住民税とあわせた場合最大の55%となる税率になります。

FXと異なる税率に批判も

仮想通貨取引も投資ですが、同じ投資である株、FXや投資信託の利益は「申告分離課税」です。

申告分離課税とは、給与などの所得に関わらず一律で20.315%(復興所得税を含む)と定められています。

そのため、仮想通貨の税制は高いといった意見も多いのです。

確定申告時の計算方法

仮想通貨の確定申告時に必要となる、計算方法を見ていきましょう。

2種類の計算方法

基本的には、売買取引ごとに所得を計算し、1月1日~12月31日までの1年間の合計を算出します。

合計所得の金額を計算する方法は、「総平均法」と「移動平均法」の2種類です。

・総平均法

総平均法とは、1年間で仮想通貨を買った際の平均レートから取得価額を計算し、売った際の合計金額との差額を算出する計算方法です。

・移動平均法

移動平均法では、仮想通貨を買うごとに「残高」と「取得価額」の平均を計算したうえで、差額(所得)を計算します。

最初に、取得価額を計算しましょう。

まず、仮想通貨を買った段階の1通貨の平均レートを計算します。例えば、1月と2月にビットコインを買った場合、「1月のレート+2月のレート÷2=平均レート」です。

そして、「平均レート×売った通貨数」が取得価額となります。

利益から取得価額を引いた差額が、所得として算出されるのです。

移動平均法を用いた場合は、仮想通貨を売るたびに所得を計算することになります。

 

どちらで計算すべきか

同じ仮想通貨を2回以上取引した場合には、移動平均法で計算をするとよいでしょう。

1度決めた計算方法は継続しなければならないため、仮想通貨の取引方法に合う計算方法を選択します。

仮想通貨取引所1カ所のみで取引を行った場合は、計算も単純です。

しかし、複数の取引所で売買取引を行っていた場合には、すべての取引所における計算が必要であるため、時間もかかります。

自動計算ツールなどを利用して、スムーズに計算を済ませる工夫が必要でしょう。

 

仮想通貨で買い物をした場合も確定申告の対象

仮想通貨で買い物をした場合も、確定申告の対象です。

買い物をした場合には、仮想通貨の決済時をした際の1通貨あたりの金額と、取得価額の差額を算出し、所得とします。

・2種類の計算方法

仮想通貨で買い物をした際にも、2種類の計算方法があるため、確認しましょう。

まず、仮想通貨の決済方法には、プリペイドカードにチャージする方法と、QRコードを利用する方法があります。

そのため、チャージ金額の合計を取得価額として計算する方法、決済のたびに円換算をする方法の2種類から選ぶことになるのです。

仮想通貨取引で損失を出しても確定申告が必要?

値動きの大きな仮想通貨取引では、利益を上げられず損をした人もいるでしょう。

損失を出した場合でも、1年間の合計に利益がある場合には確定申告の対象です。

損失の計算方法

例えば、1回目の売買で30万円の利益を上げ、2回目の取引で10万円の損失を出した場合、1年間の所得は30万円-10万円=20万円となります。

仮想通貨で損失を出した場合には、仮想通貨以外の雑所得もあわせて損益を計算することが可能です。

しかし、雑所得以外の給与・事業所得などとは通算できません。

 

「経費を計算する」

仮想通貨取引における利益や損失以外にも、経費も計算します。

 

経費として提出できるもの

経費の支払いを証明するためのレシートや領収書、クレジットカードの明細も必要です。

仮想通貨取引で、経費として計上できる可能性があるものを紹介します。

まず、取引を行うための電気代、スマートフォンアプリなどを利用した場合にはスマートフォンの通信料などです。

ほかにも、ハードウォレット、パソコン、インターネット通信料、家賃も経費として計上します。

また、取引の際に支払っている手数料も経費です。

ただし、10万円以上のものは資産として扱われるため、計上方法が異なる点に注意しましょう。

 

取引使用分のみを算出

電気代などは、仮想通貨取引に使用したぶんを計算します。

例えば、1カ月の電気代のうち、仮想通貨取引に使用したぶんは数%であると考えられるため、数%ぶんを経費として算出するということです。

必要書類の準備をする 作成方法

仮想通貨取引以外にも確定申告が必要な場合も、すべての書類を準備します。

必ず準備するもの

まず、確定申告を行う人に共通して必要となる基本的に準備する書類から見ていきましょう。

確定申告会場で電子申告を行ったことがある人は、「利用者識別番号等通知」(利用者識別番号・暗証番号の記載がある書類)もしくは税務署から届くはがきなど「利用者識別番号を確認できる書類」を準備します。

前年に確定申告をしている人は、前年の申告書の控えも必要です。

身分証明書として、マイナンバーカード、うつしで確認する場合には表面と裏面をうつしたものを準備します。

また、通知カード・マイナンバーが記載されている住民票のうつしでも代用可能です。

加えて、運転免許証、保険証、パスポート、在留カードのうち、1つを持参します。

扶養者がいる場合には、扶養者のマイナンバーを確認できる書類が必要です。

引き落とし口座の通帳やキャッシュカードと銀行印も持参します。

 

収入関連書類

収入関係の書類を確認しましょう。

会社員の場合は 源泉徴収票の原本、年金受給者は確定申告をする年度の公的年金などの源泉徴収票原本が必要です。

 

そのほかの必要書類

雑所得の収支内訳書も準備します。

医療費控除・社会保険料控除・生命保険料控除など、所得控除関係の証明書や明細書も準備しましょう。

中には、税務署へ提出しない書類もありますが、提出書類を作成するために必要です。

 

「書類を作成する方法」

身分証明書など、さまざまな書類を準備したあとは、確定申告時に提出する書類を作成します。

確定申告の書類作成方法は、専用の用紙に記入する方法と、国税庁のホームページか

らインターネット上で入力する方法の2種類です。

インターネットで作成しよう

専用の用紙は、税務署へ取りに行かなければなりません。

さらに、難しい計算も自分で行わなければならず、初めて確定申告をする場合には非常に手間がかかります。

そのため、インターネット上で作成するほうが効率はよいでしょう。

インターネット上では、基本情報を入力するだけで、複雑な計算も自動的に行われます。

確定申告用のパソコンソフトも多数販売されているため、ソフトを利用するという方法も有効です。

必要書類の準備をする 作成方法

「住民税の納付には注意が必要」

確定申告期限までに、仮想通貨取引に関する計算、書類の準備を行います。

準備時の注意点

書類の作成方法が複雑であると感じる場合には、書類を持参すると作成方法を教えてもらうことも可能です。

しかし、住民税の支払い方法に関する選択項目については、自分で決めなければなりません。

「給与から差し引くか」「別途納付するのか」の2つから選択ができます。

ただし、給与から差し引かれる住民税の金額が、給与に対する住民税の金額と同額でない場合、問題となるため注意が必要です。例えば、副業を禁止としている会社に勤めている場合などは、別途自分で納付しましょう。

自治体ごとに住民税の納付に対する定義が異なり、「別途自分で納付」を選択した場合に、給与に対する住民税も自分で納付しなければならない場合があります。

そのため、仮想通貨の住民税のみ自分で納付するという点を申告することが重要です。

 

申告場所にも注意

所得税は税務署、住民税は役所で扱っているため、申告する場所に注意します。

確定申告は税務署で行われ、確定申告の書類から住民税を計算しているのは役所です。

つまり、仮想通貨の住民税だけを自分で納付すると申告すべき場所は、役所であるということになります。

確定申告のあと、直接役所に出向くか、電話で伝えましょう。

 

「確定申告を行う期間とペナルティ」

確定申告は、申告期間が定められています。

期間

基本的には、毎年2月16日~3月15日の平日です。

3月15日が土日祝日の場合は、翌営業日までとなります。

2月中は、土日に申告可能とする場合もあるため、平日に行うことが難しい場合には確認しましょう。

また、平日・休日ともに、非常に混雑します。

屋内外で列に並び、2~3時間の待ち時間となるケースもあるため、注意が必要です。

時間に余裕を持って行くこと、防寒対策をすることも忘れないようにしましょう。

 

期間外のペナルティ

万が一、確定申告期間中に確定申告を行わなかった場合には、ペナルティが課せられます。

期限のあとに申告した場合は、「期限後申告」とされ、納税額に加えて「無申告加算税」を支払わなければなりません。

無申告加算税は、本来の納税額が50万円までの場合は10%、50万円以上の部分に対して15%の税率で計算されます。

ただし、税務署から無申告であることを通知される前に確定申告を行うと、無申告加算税が5%になるのです。

ペナルティを受けないケースもある

無申告加算税を支払わなくてもよい場合があります。

期限後申告であっても、確定申告の期限終了から1カ月以内に申告を行う、もしくは納税額の全額を期限内に納付すると、無申告加算税を支払う必要はありません。

さらに、期限後申告日の前日から計算して5年前までに、1度もペナルティを課せられたことがない場合も同様です。

期限内に申告する意思はあったものとみなされ、無申告加算税を支払わなくてもよいとされます。

 

税金納付も忘れずに

確定申告の期限だけではなく、税金納付の期限も確認しておきましょう。

税金の納付期限は、所得税が毎年3月15日、個人事業主に場合は消費税が3月31日です。

また、期限内に納税をしなかった場合には、「延滞税」を支払わなければなりません。

 

延滞税について

延滞税は、2種類に分けて計算されます。

1つ目は納期限の翌日から2カ月が経過するまで、2つ目は納期限の翌日から2カ月が経過した日以降です。

延納税の割合は、年度により変わることもポイントになります。

2014年1月1日以降、1つ目の計算方法である納期限の翌日から2カ月までについては、年7.3%もしくは特例基準割合+1%の、どちらか低い割合で計算されるようになりました。

2つ目の計算方法である、2カ月を経過した日の翌日以降は、年14.6%もしくは特例基準割合+7.3%のどちらか低い割合で計算されます。

 

「仮想通貨取引にも確定申告が必要!期限内に準備と申告をしよう」

仮想通貨で売買取引を行った場合や、買い物をした場合には、確定申告をしなければなりません。

売買取引数によっては、平均レートの確認や所得の計算方法には手間がかかる場合もあります。

年があけた段階で、前年度の仮想通貨取引の利益を計算しはじめてもよいです。

また、確定申告では、日頃使用しない書類も必要になります。

紛失していた場合には、再発行などに時間を要する可能性もあるのです。

確定申告の期間は決められているため、余裕を持って準備をはじめることが重要といえます。

注目ランキング

RELATED
PURE DIAMOND COINS